原料サイトトップ植物性ナノ型乳酸菌SNK抗ストレス作用(ヒト二重盲検)

植物性ナノ型乳酸菌SNK 抗ストレス作用(ヒト二重盲検)

植物性ナノ型乳酸菌SNK 抗ストレス作用(ヒト二重盲検)

健康な20歳以上の男女66名をプラセボ、SNK低用量(50mg:1000億個)、SNK高用量(150mg:3000億個)の3群に分けて、それぞれを4週間摂取してもらいました。
解析の結果、SNK低用量、SNK高用量ともにプラセボと比較しTMDは有意に低値を示し、一時的なストレス負荷から生じるストレスを緩和しました。

【試験方法】

摂取前と摂取4週間後のストレス負荷(内田クレペリン検査)後にPOMS2心理評価を行い、総合的な気分の状態を表すTMD得点の変化量を測定しました。

抗ストレス作用(ヒト二重盲検)

※POMS2:TMDに加えて、【怒り-敵意】【混乱-当惑】【抑うつ-落ち込み】【疲労-無気力】【緊張-不安】【活気-活力】【友好】の7つの尺度を用いて所定の時間枠における気分状態を評価する気分プロフィール検査

ページのトップへ戻る